筋肉と男性ホルモン

 

男性ホルモンと筋トレ

 

筋肉が適度についている体は男性らしくてカッコいいものですね。若い時にはそのような筋肉質な体は簡単に作れるものです。しかし、年齢が高くなるにつれて、きれいな筋肉がついた体を作ることは難しくなってきます。若い頃と同じ内容の筋トレをしていても、筋肉はついてこないのです。これは一つには、男性ホルモンの減少が影響していると言われています。

 

若い頃のように体内の男性ホルモンもがたくさんあれば、トレーニングをすれば、面白いように効果が出て、筋肉が体についてきます。それが年齢と共に男性ホルモンが減少すると、筋肉もついてこなくなるのです。そこですべきことは食事での栄養補給です。筋肉はタンパク質を取りながら、トレーニングをすることで増えていきます。また、タンパク質は男性ホルモンの量を増やす効果があります。タンパク質がカギなのです。筋トレにも、また男性ホルモンにもこのタンパク質が必要なのです。どちらもたんぱく質が欠かせないのです。

 

若い頃からずっと筋トレを続けてきた人も、年齢と共に効果が少なくなっていることに気づくことでしょう。またある人は、中年になっておなかが出てきたことを悩んでいることでしょう。そんなひとこそ、男性ホルモンをまずは増やすことを考えましょう。そうしてトレーニングを始めましょう。そうすることで体も、また精神も、充実してくるはずです。そうなればたとえ年齢が高くても、魅力的な男性となることでしょう。