男性ホルモンの減少と更年期障害

 

女性には更年期障害があります。女性は閉経により、その前後の体内のホルモンバランスが崩れます。それが原因で更年期障害が起きるのです。

 

更年期障害は女性にとって避けらず、女性にとって悩みのひとつです。その影響を少しでも抑えることが重要と言われていますが、どうしても症状は出てきてしまうようです。人によりその症状は違います。何でもないことに腹が立ち、妙にイライラしてしまう人もいれば、何事にもやる気が起きてこない。一日中体がだるい。今までやれていた仕事が疲れて出来ない。すぐ横になりたがる。症状は様々です。このような症状が出ることで、日常の生活にも支障をきたすケースが出てくるのが更年期なのです。

 

これは女性特有の疾患のひとつと言われています。では男性はこのような女性にみられる更年期障害は全くないのでしょうか。実は最近は、男性にも女性と同じような更年期障害があると言う医師が出てきています。確かに中年を過ぎた男性にも、女性の更年期障害に起きるいろんな症状と似たものが現れのです。

 

例えば疲れやすくなったとか、セックスの元気がないとか、スタミナが落ちた、気力が湧かなくなったなど。そしてEDなども中年以降の男性にはしばしばみられるようになります。このような症状、状況を一部の医師は男性の更年期障害だと言うのです。それが正しいかどうかは別として、このような症状は男性にとってもホルモンが関係しています。男性ホルモンが減少する頃になると、そのような症状が出始めるのです。女性の更年期障害もホルモンが関係してしていますね。ホルモンは人間にとって大変重要なものだということがよくわかることでしょう。男性ホルモンの減少に対しては毎日の食事で改善することが出来ますから、日々努力して年齢が高くなっても若々しい心身を維持できるようにしたいものです。